pretty woman with perfect skin

種類で選ぶことが必要

a girl has black hair

がんの薬物治療は細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を使った治療法でがん細胞が増えるのを抑えたり、成長をおくらせたり、転移や再発を防いだりします。抗がん剤はより広い範囲に治療の効果が期待できます。このため転移の可能性、転移の予防をするとき、血液、リンパのがんのように広い範囲に効果が期待できます。抗がん剤を単独で行うこともあれば、手術や放射線治療と組み合わせて行うこともあります。薬物治療法には単独の薬剤を使って治療する場合と数種類組み合わせて治療する場合があります。また、薬物療法には飲み薬と点滴、注射による方法があります。主に、錠剤やカプセルなどの飲み薬による方法と直接、注入する方法があります。また肝臓などのがんの種類によって治療法が違います。

特定の臓器に流れる動脈にカテーテルをおいて血液の流れに乗って、その臓器に抗がん剤治療を行う動注という方法もあります。この他、腹腔内、胸腔内、脳脊髄液などに注入することもあります。ガンの種類、広がり、病気、他に行う治療や患者さんの表情など考慮して抗がん剤治療が検討されます。抗がん剤の副作用について、おもな副作用は嘔吐や倦怠感、皮膚症状や腹痛、発熱などがあります。そのため治療をやめただけで、食事を取れるようになったり、自宅に戻っただけで元気になったりします。抗がん剤の副作用の対策として白血球の減少に対する対策について、白血球とは血液の細胞の一種で細菌やウイルスなどの病原菌に対して闘う細胞です。しかし、日本の現状として、この白血球減少に対する対策が遅れている現状があります。